永康街の「員林商店」で “台湾式黒米おにぎり・黒飯糰” を食べる!

員林商店の黒飯糰台北のグルメ
スポンサーリンク

員林商店

TBちゃん
TBちゃん

「台湾らしい食べ物」ってありますか?

そんな質問があったら「おにぎり」と答えます。

永康街といえば「鼎泰豊」や「高記」「度小月」など台湾料理が食べられる有名店や茶芸館、おしゃれな雑貨屋さんが並ぶ街。観光客が多い通りから少し外れた場所においしい台湾式おにぎりを出してくれるお店があります。夕方頃の訪問だったせいか、店内はひっそりとしていました。
員林商店の外観

隣のブロックには老舗の軽食屋「政江號」もあります。

おすすめは ”黒飯糰”

“台湾でわざわざおにぎりを食べなくても…?” って思っていましたが、こちらのおにぎりを一口食べたら、考えが変わりました!

日本のおにぎりとは形も味も違うのが台湾式おにぎりです。

出来上がりはこんな感じ!俵型の形状をしています。
員林商店の黒飯糰
「黒飯糰」は黒米で握ったおにぎりのこと。細長い黒米が絶妙なバランスで握られています。
員林商店の黒飯糰
黒米はプチプチで噛み応えがあります。
中の具は肉でんぶや油條(揚げパン)切り干し大根など。
員林商店の黒飯糰
鼻にぬける黒米の香ばしい香りで食が進みます。
どこか懐かしい、だけど、日本では食べたことがない味、なんです。

滋 味(じ み)ってコトバがありますが、まさにそんな感じです。

滋 味(じ み)
栄養があり味の良いこと。また、そのような食べ物。
ゆっくり味わうとわかる深い味わい。

黒飯糰の作り方

注文すると大きな炊飯器から黒米をよそいビニールに広げていきます。
その上に具を乗せて、形を整えて出来上がりです。
日本語は通じませんでしたが、指さし注文で大丈夫でした。
員林商店
一口食べて「台湾でおにぎり?」という偏見はなくなり、あのやさしい味を思い出すと「また食べたい!」に変わりました!

まとめ

  • 台湾らしいやさしい味のおにぎりが食べたい人に:☆☆☆
  • 永康街や中正紀念堂の街歩きと合わせても◎:☆☆☆
  • ローカル度:☆☆☆

員林商店 の行き方・アクセス

  • 住所:台北市大安區金山南路二段129號
  • MRT東門駅 6番出口より徒歩約7分

員林商店 の営業時間

  • 営業時間(月-金):06:00-19:30
  • 営業時間(土-日):06:30-17:00
  • 定休日:なし

1TWD=3.65円で計算。2017年2月訪問時の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。