台中第二市場の人気店は名物の角煮丼と麻薏湯がおすすめ「山河魯肉飯」

山河魯肉飯台中
スポンサーリンク

台中第二市場(Taichung 2nd Market)

「台中第二市場」は2000坪を超える敷地内に飲食店・生鮮食品・乾物屋・衣料品店など
300近いテナントが入っています。建物を囲むようにずらりと並ぶ看板が圧巻です!
台中第二市場の外観
特に飲食店の数が多く、美味しいと評判のお店がたくさんあるので、
グルメ市場・美食市場として知られています。
台中第二市場の市場百味
数あるお店の中でも特に人気の「山河魯肉飯」に行ってきました。

山河魯肉飯 (Shanhe Luroufan)

市場内を歩いていると行列のお店がありました。こちらが目的のお店です。
早朝5時半から営業しています。
山河魯肉飯
内用(店内で食べる)も外帯(持ち帰り)も同じ列に並びます。

店内の様子と注文の仕方

店名にもなっている「魯肉飯(ルーローファン)」

こちらでは“角煮のような塊肉”が乗った他では「爌肉飯」と言われるものが魯肉飯
として出されます。一般的なイメージの「魯肉飯」は「肉燥飯」と言われています。
写真でも説明があります。
山河魯肉飯のメニュー
間違えやすいので、注文場所にも写真がおいてあります。
注文時、目の前にお肉が入った鍋がドーンと置かれているので、指さしでも大丈夫だと思います。
山河魯肉飯
「魯肉飯」を頼むと、その場で鍋から肉を取りご飯の上に乗せてくれます。
山河魯肉飯
お惣菜はすぐ横のショーケースに並んでいるので指さし注文でOKです。
山河魯肉飯のお惣菜
商品を受け取ったら「結帳區」と書かれた場所で代金を支払い、店内の空いている席に座ります。
山河魯肉飯店内の様子
お箸やスプーンは「結帳區」に置いてあります。

看板メニュー・魯肉飯

魯肉飯55元(約209円)・荷包蛋10元(約38円)・麻薏湯35元(約133円)を注文!
山河魯肉飯
「魯肉飯」には大きな角煮がドーンと乗っています。お肉はトロトロでお箸で切れます。
山河魯肉飯
付け合わせの「荷包蛋(揚げ卵)」をオン!一緒に食べると美味しさUpです。
山河魯肉飯

夏期限定・麻薏湯

謎の緑色のスープは台湾中部の名物料理「麻薏湯」。

TBちゃんメモ麻薏湯とは
麻薏というのは麻袋などの原料になる黄麻という植物の葉で台中市の南屯区周辺が有名な産地として知られています。その麻薏の葉を小さく刻んで布に入れ、水でもみ洗いをすることで苦味を取りスープで煮込んだものが麻薏湯。

山河魯肉飯
地瓜(サツマイモ)が入っているのが特徴。
麻薏湯は昔から暑気冷ましの効果があるとされていて、夏になると登場する台中の夏の風物詩。
ほとんど苦みもなく少しとろみのある美味しいスープでした。夏に台中を訪れたら一度食べてみてください。

合計380円の定食でお腹いっぱいになりました。
ご馳走さまでした!

山河魯肉飯 の行き方・アクセス

  • 住所:台中市中區公有第二零售市場
  • 台鐵台中駅より 徒歩約13分

山河魯肉飯 の営業時間

  • 営業時間:05:30-15:00
  • 定休日:水曜日

1TWD=3.8円で計算。
2019年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。