[台湾版・煎餅] 台北の人気店で揚げパン餃子!?のアツアツおやつ♪「阿源煎餅」

阿源煎餅台北のグルメ
スポンサーリンク

阿源煎餅(アーユェンジェンビン)

台北メトロMRT「松江南京駅」のそば、目の前が公園というわかりやすい場所にお店があります。「煎餅」の暖簾が遠くからも目立ちます。
阿源煎餅の外観

店頭の様子

目の前で煎餅が揚げられていく様子が見られます。
阿源煎餅
ひとつが大きいので両面をゆっくり揚げていきます。阿源煎餅

煎餅のメニュー

店頭に大きくメニューが張り出されてます。
「煎餅」一律35元(約133円)とわかりやすいです。
阿源煎餅のメニュー

  • 蔥肉(ネギ入り肉)
  • 韮菜(ニラ)
  • 高麗菜(キャベツ)
  • 蘿蔔絲(細切り大根)
  • 紅豆(あずき)
  • 紅茶:15元(約57円)

注文は口頭で行いますが、指さしでも大丈夫だと思います。
見た目は平たい揚げパンです。手の平大!くらいの大きさがあります。
阿源煎餅の韮菜
同じような見た目なので、間違えないように袋にスタンプが押されています。
向かいの「一江公園」のベンチに座って揚げたてアツアツをいただきましょう!
阿源煎餅前の一江公園

韮菜(ニラ)

味も中の具も「餃子」を食べているようです。
餃子の皮がパンに変わったような印象です。
阿源煎餅の韮菜
表面はカリッ、中の具はしっとり、でこれはイケる!
調味料はお店の柱のところに用意されているので、必要に応じて使いましょう。
阿源煎餅の店頭の様子
油で揚げていますが、もたれることもなくおいしく完食です。

紅豆(あずき)

あずき好きなのでメニューにあったら頼まずにはいられません。
阿源煎餅の紅豆
あんドーナツのようにも見えます。
あんこたっぷり!で嬉しい。
阿源煎餅の紅豆
台湾のお店で食べるあずきはどこも甘さ控えめで、食べやすいです。
こちらも美味しく完食しました。

公園に座っている間、次々となぜかおじさんばかりが煎餅を食べにきていました。
こちらで休憩しながらおやつとして食べるのが習慣のようです。
15時過ぎに訪問したところ、目の前で「蔥肉」の札が外されてしましました。
確実に食べたい方は早めの訪問がいいかも知れません。
阿源煎餅と四平街
目の前の四平街をまっすぐ歩くと「映えスポット」の「四平陽光商圏」につきます。
合わせて訪れてみてはいかがでしょうか。
四平陽光商圏

阿源煎餅 の行き方・アクセス

  • 住所:台北市中山區四平街31號
  • MRT松江南京駅 8番出口より徒歩約2分

阿源煎餅 の営業時間

  • 営業時間:11:00-19:00
  • 定休日:土・日曜日

1TWD=3.8円で計算。
2020年訪問時の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。